有酸素運動をしよう!

生活習慣

健康的な身体の維持や、若々しさをキープするために必要不可欠な運動。

AGAの進行を緩やかにするためにも、とても大切です。

今日、男性だけではなく女性の間でも筋力トレーニングが流行しています。

美しい筋肉をつけることで、いつまでも若々しく健康的なボディーを維持することが可能になります。

しかし、筋力トレーニングいわゆる筋トレだけではAGAの進行を早めてしまう可能性もあります。

筋トレをすることによって、いくつかのホルモンが分泌されます。

その中で代表的なホルモンが男性ホルモン(テストステロン)です。

骨格をたくましくする効果だけでなく、筋肉を増殖させ脂肪を燃焼・減少させる効果があります。

しかし、AGAは還元酵素とテストステロンが結びつくことによって生成されるジヒドロテストステロンが抜け毛を増やすことによって薄毛へと進行させていきますが、筋トレをすることによってテストステロンが増えれば、遺伝で受け継いだ還元酵素との結びつく量が更に増殖し、AGAを加速させる要因となります。

そこで手助けをしてくれるのが、有酸素運動です。

有酸素運動は、筋トレとは逆にテストステロンを減少させる効果があります。

普段、筋トレだけを行っている方であれば、適度な有酸素運動を取り入れることによって増えすぎたテストステロンを減少させる効果が期待できます。

その証拠に、テストステロンを餌に成長していく前立腺癌の患者に適度な有酸素運動をさせたところ、癌の転移や再発の確立が減ったとの調査結果があるほどです。

何事も、やりすぎは良くありません。

筋トレと有酸素運動のバランスを考え、テストステロンのバランスにも配慮したうえで運動が出来れば、AGAに対しての危機感を増やすことなく、気持ちよく運動が出来るのではないでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました