薄毛の放置は危険③

薄毛

なぜ薄毛の放置は危険なのでしょうか。

答えは簡単です。

薄毛は放置する時間が長いほど、薄毛改善・発毛が難しくなるからです。

AGA治療を行えば誰でも必ず発毛するわけではありません。

発毛には、歯と同じように生え変わる回数が一定数決まっています。

歯であれば乳歯と永久歯の2回。

髪の毛はもちろんそれ以上の回数生え変わることができますが、生え変わりの回数を使い果たしてしまえば、“永久に髪の毛が生えない”ということになります。

髪の毛1本1本の寿命もある程度決まっていますから、薄毛を放置することで限りのある生え変わりの回数を使い果たしてしまう危険性があるのです。

AGA治療に早期発見・早期治療が大切だといわれているのは、髪の毛が生えないというリスクを避けるためだということを覚えておきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました