シャンプーの洗い残しによる影響

頭皮トラブル

女性にとって髪の光沢や残り香は、男性にとって好感度が高いものです。

しかし、シャンプーの残留物は頭皮にダメージを与える原因になります。

ヘアケアの基本は、頭皮に合うシャンプーを適切に選んで使用して、残留物が残らないようにしっかりとすすぐことが重要です。スキンケアの基本が洗顔にあるように、ヘアケアの基本は洗髪にあります。さらに正確な言い方をすれば、毛髪を洗うことというより、頭皮を洗うことこそ基本なのです。特にAGAの場合は皮脂の分泌が活発になることもあり、頭皮を洗っていつも清潔な状態を保つことは、とても大切なことです。

髪を洗うというと、一般的には毛髪をきれいにするというイメージがあります。女性は特に、光沢があってしなやかな、美しい髪をつくるために髪を洗うのだと考えている人が多いようです。

でも、女性がイメージする美しい髪には、実は髪にとって良くないことがたくさんあります。「天使の輪」と呼ばれる光沢や、男性にも好感度の高い残り香は、どちらもシャンプーの残留物で、頭皮にダメージを与える危険性のあるものです。髪を洗う過程ですすぎがもっとも大切と言われるのも、そのためなのです。

実は頭皮トラブルで1番多いとされる原因は、シャンプーのすすぎ残しといわれています。すすぎが不十分でシャンプー剤が頭皮や髪に残ってしまうことで、頭皮が炎症したり吹き出物が出来る原因になります。

また毛穴の中にシャンプー剤が残ってしまうと、毛根を傷付け抜け毛や薄毛の原因となるほか、毛穴につまったシャンプー剤が老廃物となり雑菌の繁殖にも繋がります。汚れをしっかりと落としシャンプー剤を十分にすすぐことで頭皮トラブルから守り、髪をすこやかに保つことができます。

すすぎの時間の目安は、洗う時間の約3倍が理想です。シャンプー剤のすすぎ残しがないように時間をかけて丁寧にぬるま湯で洗い流します。とくに、耳の裏・顔周り・生え際・後頭部はすすぎが不十分になりがちのため注意することが大切です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました