健康情報

加齢による髪のうねり

健康情報

加齢によるうねりの原因は、まだ解明されていない部分も多いのですが様々な要因が複合的に重なり合って起こると言われています。

考えられる要因

  • 頭皮のたるみ

加齢で頭皮のハリが失われ、たるみが発生することにより毛穴が歪んでうねりの原因になります。

  • 髪の毛内部の密度低下

年齢と共に髪の保水機能が低下し、髪内部の密度も下がってしまうためハリや弾力がなくうねりやすい状態に。

  • ヘアダメージの蓄積

紫外線や乾燥、市販のカラー剤による毛染めや白髪染めなどによるダメージが蓄積して髪表面のキューティクルが剥がれ髪の老化が進んでしまいます。

ケア方法

  • 美容室でトリートメントをして水分量を整える

最近ではエイジングケアとして、悩みに合わせたトリートメントを選べる美容室も増えています。

ホームケアをされる場合のポイント

根元を避けて毛先を中心にトリートメントを塗布します。

その後に目の粗いコームで髪をとかすと、トリートメント成分を髪にまんべんなく広げることができます。少し放置したらしっかりと洗い流しましょう。

  • 正しいシャンプー方法

シャンプーをする前に髪全体を軽くブラッシングすると汚れや皮脂が浮いて落としやすくなります。

シャンプーは手の平に伸ばしてから、髪表面ではなく内側から空気を入れて円を描くように泡立てます。

髪をこすると摩擦が起こり傷んでしまう原因に。

シャンプーは髪ではなく頭皮を洗うことを意識して行いましょう。

血行が悪くなると髪に栄養が行き届かなくなります。

シャンプーのついでに頭皮マッサージを取り入れるなど工夫してみましょう。

この記事の監修医師
総院長

Dr.AGAクリニック総院長 坂口海雲

H21 大阪市立大学医学部 卒業
H23 大阪市立大学循環器内科 入局
H23 ベルランド総合病院
H24 川崎病院 臨床助教
H25 大阪市立大学病院
H28 福島吉野スマイル内科・循環器内科 開院
R2  Dr.AGAクリニック 総院長就任

error_outline 当サイトのコンテンツはDr.AGAクリニック総院長 坂口海雲の監修により運営されております。