健康情報

髪の毛が伸びるスピード

健康情報

気温との関係

髪の毛は、気温が高いほど新陳代謝が活発になり成長スピードが速くなる傾向にあります。

さらに、気温が高いと血管が拡張し血流が良くなるため、体内の細胞活動量も他の時期に比べて活発になります。

夏の時期は細胞活動量が増えること、そして血流が良くなることで必然的に毛球や毛根へ運ばれる栄養素が通常よりも増えるため、髪の毛の伸びるスピードが速くなるのです。

逆に、寒い冬の時期には気温が下がることで体が冷え、血流が悪くなるとともに運ばれる栄養素も夏に比べて格段と減少します。

夏の暑い時期に紫外線によるダメージを受けた髪の毛は、秋になり切れ毛や抜け毛として現れ抜け毛の原因になりますが、そこに冬の成長速度が遅い発毛期が重なると毛量が減った、薄毛に見えるなどの原因となることがあります。

AGAやFAGAが原因で起こる抜け毛や薄毛は、問診やマイクロスコープ診断によって判断が可能であるため、時期による薄毛と誤った判断を下されることはありません。

上記のように、髪の毛の成長スピードは年間を通して一定ではありません。

冬場の髪の成長スピードを高める方法

気温が低い冬場でも新陳代謝を促し、少なからず血流を良くすることで、夏場と同じように成長スピードを高めることは可能です。

有酸素運動や入浴、頭皮マッサージでの血行促進はもちろんのこと、適度な汗をかくようにしましょう。

そして、寒さ対策をしっかりと行い血流が悪くなることを防ぐようにしましょう。


健康的な髪の毛は、健康的な生活習慣から生まれます。

これから暑い夏がやってきます。

AGAやFAGAの治療中の方は特に、今の時期から生活習慣を見直し、発毛スピードが速い夏の時期に髪の毛の成長を阻害することが無いよう心掛けてみてはいかがでしょうか。

この記事の監修医師
総院長

Dr.AGAクリニック総院長 坂口海雲

H21 大阪市立大学医学部 卒業
H23 大阪市立大学循環器内科 入局
H23 ベルランド総合病院
H24 川崎病院 臨床助教
H25 大阪市立大学病院
H28 福島吉野スマイル内科・循環器内科 開院
R2  Dr.AGAクリニック 総院長就任

error_outline 当サイトのコンテンツはDr.AGAクリニック総院長 坂口海雲の監修により運営されております。