AGA

ハゲを防ぐには|薄毛の原因・予防のポイントと進行している場合の対策を解説

AGA

ハゲは老若男女問わずコンプレックスとして捉えられやすい症状で、中高年の男性に多いイメージですが、昨今では女性や若年層の方も薄毛で悩まされることが多くなってきました。

特に男性の場合は遺伝的な影響が強いため、父親や祖父が薄毛の場合には将来的に自分もハゲになってしまう可能性が非常に高くなります。

こちらの記事ではハゲを防ぐために、その原因や予防方法、ハゲがすでに進行している場合の対策について、薄毛治療専門の「Dr.AGAクリニック」が解説致します。

ハゲる原因

ハゲになってしまう主な原因は以下の通りです。

生活習慣

髪の毛の成長には「ビタミン」、「ミネラル」、「タンパク質」といった栄養素が欠かせません。食生活の乱れによって栄養が不足すると、髪の毛の成長を妨げ薄毛になる恐れがあります。

また髪の毛の成長には睡眠中に分泌される成長ホルモンが欠かせませんが、睡眠不足が続くと成長ホルモンの分泌が減少し、髪の毛の成長を妨げてしまう恐れがあります。

飲酒や喫煙といった習慣も髪の毛には良くありません。タバコに含まれるニコチンは血管を収縮させるため血行が悪くなります。その結果、髪の毛に必要な栄養が運ばれにくくなり、髪の毛の成長を妨げる恐れがあります。また、アルコールは肝臓でアセトアルデヒドに変換されます。アセトアルデヒドは髪の毛の成長に必要なアミノ酸やビタミンなどの栄養素を大量に消費するため、髪の毛の成長を妨げる恐れがあります。

この他、夜に洗髪せず整髪料がついたまま寝てしまったり、1日に何度もシャンプーをしたり、ドライヤーをせずに自然乾燥させるなど間違ったヘアケアを行い、頭皮環境が乱れると髪の毛の成長を妨げる恐れがあります。

ストレス

過度なストレスは自律神経の乱れを引き起こします。

自律神経には交感神経と副交感神経の2種類がありますが、自律神経が乱れ交感神経が過剰に働くと、血管が収縮し血行が悪くなります。髪の毛を成長される栄養は血液によって運ばれますので、血液の循環が悪くなると髪の毛を成長させるための栄養が頭皮に届けられなくなり、髪の毛の成長を妨げる恐れがあります。

また強いストレスは免疫機能を低下させ、円形脱毛症を引き起こす可能性もあります。

男性ホルモン

俗にAGA(男性型脱毛症)と呼ばれる症状で、5αリダクターゼと呼ばれる還元酵素が、男性ホルモンのテストステロンと結びつくことで、ジヒドロテストステロンという男性ホルモンを生成します。

このジヒドロテストステロンが毛乳頭にある男性ホルモン受容体(アンドロゲンレセプター)に結びつくと、脱毛の原因となるTGF-βが生成されます。このTGF-βが髪の成長を担う毛母細胞の働きを阻害し、その結果AGAによる薄毛が起こります。

5αリダクターゼとは?AGAとの関係性や抑制する方法、多い人の特徴を解説

ハゲやすい人の特徴とは

上記のように、生活習慣が乱れている人や過度なストレスを感じている人はハゲやすい傾向にあるでしょう。

また男性の薄毛の多くは遺伝的な要因によるものです。「5αリダクターゼの活性度」や「アンドロゲンレセプターの感受性」が遺伝によって引き継がれる可能性が高く、家族や親族にAGAの人がいる場合には、自分もAGAになるリスクが高くなります。

特に男性は母方の家系からの遺伝が強くなる傾向にあり、母方の家系に薄毛の人がいる場合は遺伝する確率が80〜90%と言われています。母方の家系に薄毛の人がいる場合には、将来的な薄毛のリスクが非常に高くなるため、ハゲる前から予防対策をした方がベターでしょう。

とはいえ両親の家系共に薄毛の人が多くても、必ずしもハゲるというわけではありません。ハゲの兆候として抜け毛が増える、髪の毛が以前よりも痩せ細るなどの症状が現れ、そのまま放置すると髪の毛のボリュームがどんどん少なくなり、地肌の露出に繋がっていきます。ハゲの兆候を見逃さずに早めの対処が重要です。

ハゲ・薄毛を予防するには

ハゲを予防するためには以下のような点に注意しましょう。

生活習慣の改善

十分な睡眠時間と質の良い睡眠を心掛け、睡眠不足を解消しましょう。また適度な運動や禁煙に取り組むことで血行不良を改善することも大切です。また飲酒はほどほどに控え、飲みすぎには注意しましょう。

食生活では高カロリー・高脂質な食べ物を避け、「ビタミン」、「ミネラル」、「タンパク質」といった栄養素をバランスよく摂取することを心掛けましょう。仕事などで忙しく栄養バランスに気を配ることが難しい場合にはサプリメントで不足している栄養素を補うと良いでしょう。

ストレス発散

現代社会においてストレスから完全に切り離した生活を送ることは、不可能に近いかもしれません。但し、過度なストレスは髪の毛にとってだけでなく、心身に様々な悪影響を及ぼす可能性があります。

ストレスを溜め込まないように、適度に発散するように心掛けましょう。

十分な睡眠をとる、適度な運動を行う、趣味を楽しむなど、自分に合ったストレス解消法を見つけましょう。

また禁煙がストレスになる場合には、無理に急に辞める必要はありません。身体のことを考えるともちろん辞めた方が良いですが、あれもこれもと急に頑張りすぎるとストレスになるかもしれませんので、少しずつ量を減らし最終的に禁煙を目指しましょう。

正しいヘアケアを行う

シャンプーは1日1回、就寝前に行うようにし、入浴後はすぐにドライヤーで髪の毛を乾かし適切なヘアケアを行いましょう。育毛剤には髪の毛を生やす効果はありませんが、頭皮環境を整え、健康な髪の成長をサポートする効果が期待できます。頭皮が乾燥しがちな方は、入浴後に育毛剤を使うのも良いでしょう。

頭皮の血行を良くするだけでなく、リラックス効果がありストレスの解消も期待できる頭皮マッサージも有効な手段の一つです。但しマッサージもやりすぎると毛根や頭皮を傷つける恐れがあります。1日1回3~4分で十分な効果がありますので、正しい方法で頭皮環境を整えましょう。

薄毛治療専門のクリニックへ相談

フィナステリドやデュタステリドといった治療薬は、男性ホルモンのテストステロンと5αリダクターゼと呼ばれる還元酵素が結合することを阻害し、AGAの原因となるジヒドロテストステロンの生成を抑えることができるため、薄毛治療ではAGAの予防薬として幅広く使用されています。

すでにAGAが進行してしまっている場合にはもちろん、将来的なAGAのリスクを考え薄毛になる前に服用を開始することで、将来的な薄毛のリスクを回避することが期待できます。

ハゲ・薄毛が進行している場合の対策

「生え際が以前よりも後退している」、「以前よりも髪の毛のボリュームが明らかに少なくなっている」、「髪の毛が薄くなり地肌の露出が目立つ」など、既に薄毛が進行している状態の場合には、生活習慣の改善やヘアケアなどのセルフケアでの改善は不可能に近いでしょう。

既に進行している場合には、カツラ、増毛、植毛手術、AGA治療が主な選択肢となります。

長所短所費用相場
カツラ・すぐに見た目を変化させることができる
・手術など必要ないので身体的負担が少ない
・カツラを変えることで様々なヘアスタイルを楽しめる
・頭皮が蒸れる
・強風や運動でズレる可能性がある
・消耗品なので定期的に買換えが必要
・品質によっては見た目が不自然
・セミオーダー 10~30万円
・フルオーダー 40~100万円
※平均2~3年程度で買換えが必要
増毛・すぐに見た目を変化させることができる
・手術が必要ないので傷跡が残らない
・気になる部分にピンポイントでボリュームを出せる
・自然な状態を保つためには定期的にメンテナンスが必要
・長期的に見ると費用が高額になる
・ヘアスタイルを変えにくい
・年間 10~50万円
植毛・定着すると半永久的に効果が持続する
・自分の髪と同じようにスタイリングできる
・全く髪の毛が無くなっても施術が可能
・効果が出るまでに時間がかかる
・費用が高い
・手術を行うため傷跡が残る
・50~300万円
AGA治療・自分の髪の毛を自然に生やすことができる
・AGAの原因へ直接的な効果が期待できる
・月に数千円から気軽にスタートできる
・薬の副作用のリスクがある
・効果が出るまでに時間がかかる
・AGAを完治させることはできない
・5千~3万円/月

カツラや増毛であればすぐに見た目を変化させることが可能ですので、今すぐ見た目を変えたいといった方にオススメです。また植毛手術であれば医師の技術にもよりますが、定着すると半永久的に効果が持続します。費用は高いですが、長期的に薄毛をカバーしたい方にオススメです。

カツラや増毛、植毛はAGAを根本的に解決するものではないため、今は大丈夫な箇所もいずれ薄毛になってしまいます。AGAの原因そのものにアプローチし自分の髪の毛を自然に生やしたい方にはAGA治療がオススメです。

既に薄毛が進行している場合には、ご自身のニーズに合わせて適切な方法を選択しましょう。

まとめ

ハゲてしまう原因としては生活習慣やストレスによる影響もありますが、男性の薄毛で最も多い原因は男性ホルモンによる影響です。家族や親族にAGAの人がいる場合には、自分もAGAになるリスクが高くなり、生活習慣やストレスが重なると若くしてAGAを発症する可能性が高くなります。

AGAを発症する前であれば、生活習慣の改善やストレス発散などのセルフケアはとても有効な予防の手段ですが、既に進行が始まっている場合にはセルフケアでの改善は非常に難しいと言わざるを得ません。

既に薄毛が進行してしまっている場合には、カツラや増毛、植毛手術、AGA治療といった選択肢から、ご自身のニーズに合わせて適切な方法を選択しましょう。

お薬を使って自分の髪の毛を自然に生やしていきたいということであれば「Dr.AGAクリニック」がオススメです。

初月980円から薄毛治療が始められ、治療は完全個室で行われるため、プライバシーにも配慮された形で治療可能です。治療効果が得られなかった場合は、全額返金保証制度を活用することで、治療費を全額返金してもらえます。

まずは、無料カウンセリングを受けて、自分に合った治療法を提案してもらいましょう。

この記事の監修医師
総院長

Dr.AGAクリニック総院長 坂口海雲

H21 大阪市立大学医学部 卒業
H23 大阪市立大学循環器内科 入局
H23 ベルランド総合病院
H24 川崎病院 臨床助教
H25 大阪市立大学病院
H28 福島吉野スマイル内科・循環器内科 開院
R2  Dr.AGAクリニック 総院長就任

コメント

タイトルとURLをコピーしました