AGA

薄毛の進行パターン

AGA

M字型

左右の生え際が後退してM字型に見える薄毛のことです。

M字型のパターンは、額の生え際が両サイドから後退していくことが特徴です。

以前よりも生え際のM字が目立っていたり、生え際の髪の毛が他の部分と比較して細く弱い場合にはM字型の薄毛が疑われます。

U字型

広範囲にわたり、薄毛が進行している状態。

生え際(額)から頭頂部まで薄毛の症状が見られ、最も自覚しやすいパターンといえます。

原因として、頭皮の炎症や血流低下が考えられます。

O字型

つむじ(頭頂部)の周辺から薄毛が徐々に広がっていく特徴があります。

明らかに地肌が透けて見えていたり手で触った時に髪の毛ではなくツルツルした皮膚の感触がある場合にはO字型の薄毛が疑われます。

代表的な3パターンをご紹介しましたが、AGAは進行性の為、いずれも早期の治療が大切です。

気になる症状がみられる場合には、無料カウンセリングまでお気軽にご相談下さい。

この記事の監修医師
総院長

Dr.AGAクリニック総院長 坂口海雲

H21 大阪市立大学医学部 卒業
H23 大阪市立大学循環器内科 入局
H23 ベルランド総合病院
H24 川崎病院 臨床助教
H25 大阪市立大学病院
H28 福島吉野スマイル内科・循環器内科 開院
R2  Dr.AGAクリニック 総院長就任

error_outline 当サイトのコンテンツはDr.AGAクリニック総院長 坂口海雲の監修により運営されております。