AGA治療

ミノキシジルタブレットの正しい飲み方|飲み忘れの対処法や効果・副作用も解説

AGA治療

「ミノキシジルタブレットの正しい飲み方は?」
「飲み忘れた場合どうしたらいい?」
「効果や副作用についても教えてほしい!」

AGA治療を行っている人の中には、このような疑問や不安を抱いている人もいるのではないでしょうか。ミノキシジルタブレットはAGAに対し優れた発毛効果のある内服薬ですが、正しく服用しなければ効果が得られにくくなり、副作用のリスクも高まる可能性があります。そこでこの記事では、以下のことを解説していきます。

  • ミノキシジルタブレットの正しい飲み方
  • 飲み忘れた時の対処法
  • 副作用
  • やめるタイミング

この記事を読めば、ミノキシジルタブレットの効果を最大限高めるための方法が分かります。ぜひ最後まで読んで治療にお役立てください。

ミノキシジルタブレットの正しい飲み方

ミノキシジルタブレットは1日1回、水やぬるま湯で服用してください。食前・食後どちらで飲んでも吸収率の差は認められていないため、いつ服用しても問題ありません。

ただし、有効成分の血中濃度を一定に保つため、毎日同じ時間帯に飲むようにしましょう。厚生労働省の認可を受けていない薬なので、医師が個々の症状や体調に合わせて処方しています。必ず医師の指示に従い服用しましょう。

ミノキシジルタブレットを飲み忘れた場合の対処法

ミノキシジルタブレットを1日飲み忘れた場合は、気づいた時点で当日分を飲むようにしてください。翌日以降も同じ時間帯で服用すれば、成分の血中濃度が安定しやすくなるため再度効果が得られやすくなります。

数日間飲み忘れていた場合でも前日までの分を追加で服用する必要はありません。過剰な量を服用してしまうと副作用のリスクが高まるため、1日の決められた範囲量までに留めるようにしましょう。

そもそもミノキシジルタブレットとは?

そもそもミノキシジルタブレットとは、発毛効果が認められているミノキシジルの内服薬です。毛細血管を拡張することで血流をよくしたり、毛母細胞を活性化したりする働きによって発毛を促してくれます。

ミノキシジルには内服薬と外用薬の2種類ありますが、内服薬のほうが外用薬より有効成分の吸収率が高いため発毛効果が高いとされています。ただし、外用薬と違い十分な臨床試験が行われていないため厚生労働省から認可されていません。

治療効果の観点から処方している医療機関も多くありますが、必ず専門医のいる医療機関を受診し十分な説明を受けたうえで服用するようにしましょう。

ミノキシジルは5mgと10mgどちらがいい?

ミノキシジルタブレットを初めて服用する方は副作用を考慮して5mgから飲みはじめるとよいでしょう。服用を続け、効果や副作用を確認したうえで医師と増量を検討してください。

多毛症以外の副作用の報告は少ないものの、胸痛や動悸、呼吸困難感など重大な心血管系障害が生じる恐れがあります。勝手に判断せず、必ず医師と相談したうえで服用量を決めるようにしましょう。

ミノキシジルタブレットの効果は?飲み続けると弱まる?

ミノキシジルタブレットを飲み続けることで耐性がつくという医学的根拠は報告されていません。しかし実際に「前より効果を感じられなくなった」という声はあるようです。

ミノキシジルタブレットは治療効果を得るために長期間服用する必要があります。以前より効果を実感できないと感じたら医師に相談するとよいでしょう。

ミノキシジルタブレットの服用をやめるとどうなる?

ミノキシジルタブレットは高い発毛効果をもつ内服薬ですが、AGAを根本から治療するための薬ではありません。そのため服用をやめてしまうと薄毛が再発する可能性が高くなります。

AGAは進行性の脱毛症です。薄毛を改善したい場合は服用を続ける必要があります。

ミノキシジルタブレットの副作用

ミノキシジルタブレットの副作用の報告は多くは無いものの、以下のことが挙げられています。

  • 多毛症
  • 胸痛
  • 心拍数増加
  • 動悸
  • 息切れ
  • 呼吸困難
  • むくみ

ミノキシジルタブレットで報告されている副作用は多毛症がほとんどです。しかし、重大な心血管系障害が起こる可能性があるため、心臓や肺、血管などの循環器に既往や疾患がある人は使用できません。

必ず医師の説明を十分に受けたうえで治療を開始するようにしましょう。副作用については以下の記事でも解説しているので、詳細を知りたい方はぜひ読んでみてください。

関連記事:ミノキシジルの効果は?副作用や服用方法、注意点をわかりやすく解説

ミノキシジルタブレットをやめるタイミングは?

「ミノキシジルタブレットをやめたい」と感じたときは、以下の4つのタイミングで検討するとよいでしょう。ただし、やめるときには1人で判断せず必ず医師に相談するようにしてください。

  • 副作用が続くとき
  • 1年以上継続しても効果が出ないとき
  • 薄毛の症状が気にならなくなったとき
  • 金銭的に負担になったとき

それぞれ解説していきます。

副作用が続くとき

ミノキシジルタブレットを服用してから副作用が続くときは、中止を検討しましょう。前述したように、ミノキシジルタブレットの副作用のほとんどは多毛症ですが、心血管系障害が起こる恐れもあります。

命にかかわる危険があるため、副作用が続くときには医師に相談し中止を検討してください。

1年以上継続しても効果が出ないとき

ミノキシジルタブレットを1年以上継続しても効果が出ないときは、服用中止を検討してもよいでしょう。一般的に治療効果が出るまでの目安は6ヵ月程度ですが、効果を実感するまでの期間には個人差があります。

1年以上継続したにもかかわらず、発毛を実感できない場合は体質に合わない可能性があります。医師とよく相談し、他の治療法も検討してみてください。

薄毛の症状が気にならなくなったとき

薄毛が気にならなくなるまで改善した場合は服用中止を検討できます。ただし、AGAは進行性の脱毛症なので中断すると再発する可能性があります。

目標を達成でき納得のいく結果を得られたなら、一度医師に相談し治療方針を検討するとよいでしょう。

金銭的に負担になったとき

金銭的に負担を感じる場合も中止を検討したほうがよいでしょう。ミノキシジルタブレットの費用は一月あたり5,000~8,000円程度かかるため人によっては負担に感じる場合もあります。

生活状況に応じて無理をせず、医師と相談して治療方針を検討してみてください。

まとめ

外用薬以上に高い発毛効果があるとされるミノキシジルタブレット。正しく服用すればAGA治療の強い味方になってくれるため、多くの医療機関でも提供されています。

ただし、副作用のリスクがあるため必ず医師の説明をよく聞いたうえで、服用するようにしましょう。Dr.AGAクリニックは専門的な知識を分かりやすくお伝えし、一人一人に合った治療方針を提案しています。

これまでに治療を受けた方の99.5%が発毛を実感されているため、薄毛に関する悩みがある場合や治療方針に不安を感じている方のお役に立てるはずです。オンラインでの無料カウンセリングも実施しているため、少しでも悩んでいる方はぜひお気軽にご相談ください。

この記事の監修医師
総院長

Dr.AGAクリニック総院長 坂口海雲

H21 大阪市立大学医学部 卒業
H23 大阪市立大学循環器内科 入局
H23 ベルランド総合病院
H24 川崎病院 臨床助教
H25 大阪市立大学病院
H28 福島吉野スマイル内科・循環器内科 開院
R2  Dr.AGAクリニック 総院長就任

error_outline 当サイトのコンテンツはDr.AGAクリニック総院長 坂口海雲の監修により運営されております。