健康情報

花粉シーズン真っ只中!鼻をかみすぎて痛いときの対処法

健康情報

花粉症による鼻かぶれ!!

花粉の飛ぶ時期は症状もつらく肌荒れも起こしがちですよね。

その中でもつらいのが鼻のかみすぎで鼻の下が荒れることです。

鼻の下が赤くなったり、皮がむけてしまうのは悩みの種です。

そこで、鼻のかみすぎで鼻の周りの皮膚トラブルを上手に改善する正しいポイントについてお話していきます。

花粉は、皮膚炎の原因にもなりますが、鼻の周りがあれるのは、主に乾燥やかみすぎが原因です。

花粉シーズン真っ只中!鼻をかみすぎて痛いときの対処法

特にかみすぎの刺激や摩擦でできた、いわば擦り傷がほとんどです。

なのでこまめな保護や保湿は基本的にしなければなりません。

目次 

そこでオススメなのがワセリンです。

とにかく低刺激で【保護・保湿】をすることができます。

鼻の荒れがつらい方は鼻をかむ前後にこまめに塗ってみてください。

あとリップクリームもよく聞きますがこれはやめておいたほうがいいでしょう。

市販のリップには【界面活性剤】が含まれている為、肌表面を壊し油分をしみこませます。

もし使うのなら【界面活性成分】(ジイソステアリン酸やポリ大岸エチレン)を含んでいないものを選んでください。

この記事の監修医師
総院長

Dr.AGAクリニック総院長 坂口海雲

H21 大阪市立大学医学部 卒業
H23 大阪市立大学循環器内科 入局
H23 ベルランド総合病院
H24 川崎病院 臨床助教
H25 大阪市立大学病院
H28 福島吉野スマイル内科・循環器内科 開院
R2  Dr.AGAクリニック 総院長就任

error_outline 当サイトのコンテンツはDr.AGAクリニック総院長 坂口海雲の監修により運営されております。