痛風の症状

病気

痛風の症状は、意外にも全身に及ぶ可能性があります。

よく知られている症状は、足の親指の付け根の激痛です。

その他、足首・足の甲・膝・手首・肘などに関節炎として痛風の症状が現れることがあります。

基本的な発症箇所は足がもっとも多く、痛みが起きるのは一度に一ヶ所だけというのが特徴です。

症状としては、とにかく激痛がひどく、幹部は赤く腫れ上がることがあります。

さらに赤く腫れ上がった幹部は熱を持っている状態が続きます。

足に症状が出ると、歩行困難や仕事が手に付かないほどの痛みが遅いかかることになります。

痛風患者の95%以上は男性で、女性は痛風になりにくいといわれています。

女性ホルモンには痛風の原因物質である尿酸を排泄する働きがあることから、女性に比べ男性に患者数が多いと考えられているのです。

痛風の痛みや症状は大体の場合、1〜2週間で治りますが、発症の根源である高尿酸血症を放っておくと発作を繰り返すため治療が必要となります。

痛風を発症してすぐに病院に行けない時には、自分でできる対処法を身につけておきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました