AGA治療

フィナステリドによる初期脱毛はやばい?起こる確率や仕組みをわかりやすく解説

AGA治療

「AGA治療をしたいけど初期脱毛が気になる」

「初期脱毛で髪がスカスカになったらどうしよう…」

AGA治療薬で代表的なフィナステリドですが、このようなお悩みをお持ちの方もいるのではないでしょうか。

ここではフィナステリドを服用すると初期脱毛がなぜ起きるのか、どのくらいの期間続くのかについて解説します。AGA治療を検討している方やフィナステリドを服用中の方、フィナステリドによる初期脱毛について知りたい方は、ぜひ参考にしてください。

フィナステリドによる初期脱毛はやばい?

プロペシアのようにフィナステリドを有効成分としたAGA治療薬を服用すると、一時的に抜け毛の量が増えることがあります。AGAを治療中の方や治療を検討している方は不安に思うことも多いのではないでしょうか。

この症状は「初期脱毛」と呼ばれており、一言で表すとフィナステリドが効果を発揮しはじめた証といえます。まずは、この初期脱毛がなぜ起こるのかを見ていきましょう。

初期脱毛が起こる仕組み

フィナステリドを服用してから早ければ1週間、多くは1〜3カ月ほどで、初期脱毛が起こることがあります。「休止期脱毛」とも呼ばれており、新しい髪の毛の成長とともに古い髪の毛が押し上げられるように起こる脱毛現象です。

髪には、抜けては生えてを繰り返す「ヘアサイクル」が備わっています。ヘアサイクルには「休止期」「成長期」「退行期」があり、以下のように約2〜6年を1サイクルとして繰り返します。

  • 休止期:髪の毛の成長が止まり抜け落ちる期間
  • 成長期:髪の毛が活発に成長する期間
  • 退行期:髪の毛の成長が鈍化し、毛根が小さくなっていく期間

髪の毛はこのヘアサイクルを繰り返しますが、AGAになるとこの期間が数カ月〜1年程と短くなり、髪の毛が成長しきる前に抜け落ちてしまいます。

フィナステリドを含む治療薬を服用するとヘアサイクルが戻り始めるため、古い髪の毛を押し出すように新しい髪の毛が生えてきます。この時に生じる脱毛症状が初期脱毛です。

初期脱毛は、正常なヘアサイクルで成長する髪の毛が新しく生えてくるサインであるため、多くの場合は心配しすぎる必要はありません。

フィナステリドによる初期脱毛が起こる確率

フィナステリドによる初期脱毛が起こる確率は個人差があるため、厳密にどのくらいの確率で起こるかを断言することはできません。

フィナステリドでは初期脱毛が起こらないといわれることもあるかもしれませんが、個人の体質や頭皮の状態などによって異なるでしょう。

担当医の説明をよく聞いて、さまざまな可能性を理解した上で治療を開始することが大切です。

フィナステリドによる初期脱毛が起こる期間

フィナステリドによる初期脱毛は、服用開始の1〜3カ月後に発症する場合が多いようです。

初期脱毛がどれくらいの期間にわたるかは、個人差があります。症状が早く治まる人で約1カ月、1カ月半~2カ月までに終わる方が多いでしょう。長い人だと3カ月~半年ほど続く場合もあります。

フィナステリドによる初期脱毛が起こったときの対処法

フィナステリドによる初期脱毛が起こった場合の対処方法は、以下の3つです。

  • 髪の毛や頭皮を触りすぎない
  • 生活習慣を見直す
  • 症状がひどい場合はクリニックに相談する

それぞれの対処法を詳しく紹介していきます。

髪の毛や頭皮を触りすぎない

初期脱毛が目立つと、不安になって頭皮や髪の毛を頻繁に触ってしまうことがありますが、頭皮や髪の毛に何度も触れてしまうと頭皮にとってダメージになり、抜け毛が増えてしまう可能性があります。

初期脱毛はフィナステリドの効果が出始めたサインであるため、あまり気にしすぎないことも大切です。どうしても気になる場合は担当医に相談しましょう。

生活習慣を見直す

睡眠不足や偏った食生活などの生活習慣の乱れが頭皮環境の悪化につながり、抜け毛が増える原因になる場合があります。頭皮環境が悪化すると、フィナステリドの効果が得られにくくなる可能性もあります。

生活習慣を整えるためには、主に以下の3つを心がけておきましょう。

  • 十分な睡眠と適度な休憩をとる
  • 栄養バランスのいい食事をとる
  • 適度に運動を行う

治療薬だけに頼るのではなく、普段の生活から髪の毛が生えやすい状態にしておくことも大切です。

症状がひどい場合はクリニックに相談する

なかなか症状が治らないと感じる場合や髪の毛が明らかに減っている場合は、AGA以外の要因による脱毛症や体質的にフィナステリドが合っていない可能性が考えられます。

自身の体を理解するためにも、気になることがあれば担当医に相談しておくとよいでしょう。

フィナステリドを服用する際の注意点

フィナステリドを服用する際、以下の注意点があります。

  • 初期脱毛以外にもさまざまな副作用がある
  • 禁忌事項を確認する
  • 服用前に必ずクリニックで相談する
  • 初期脱毛が起こっても服用を勝手に中止しない

どのようなことに注意したらよいか、詳しく解説していきます。

初期脱毛以外にもさまざまな副作用がある

フィナステリドの副作用として「性機能障害(性欲減退・勃起不全など)」「アレルギー反応」「肝機能障害」「抑うつ」などの症状があります。

上記の症状が起きることは稀ではありますが、体質によって副作用として症状が身体に現れることがあります。これらの症状が現れた場合は、すぐに担当医に相談しましょう。

フィナステリドの副作用の詳細については以下の記事をご参照ください。

関連記事:「フィナステリドの副作用は?効果や飲み方、注意点をわかりやすく解説

禁忌事項を確認する

フィナステリドは、20歳以上の成年男性に処方されている薬です。当院では医師の判断の元、16歳以上の男性であれば処方を行っていますが、女性や小児の服用はできません。

フィナステリドは経皮吸収される成分でもあるため、妊娠中の女性が割れたり砕けたりしたフィナステリドの錠剤に触れないようにすることも大切です。お腹の赤ちゃんが男の子の場合、生殖器形成に異常が発生する場合があるので、同居されている方が容易に触れないように取り扱いましょう。

参考: 厚生労働省|プロペシア(PROPECIA)(男性型脱毛症用薬)に関する注意喚起について

服用前に必ずクリニックで相談する

フィナステリドは、クリニックで診断を受けて、適切に処方されたものを服用しましょう。

価格の安さを理由にフィナステリドの個人輸入を考える方もいますが、偽薬が流通しており、製造元の確認も難しいため、品質の見極めが困難です。また、日本の安全基準に沿っているかも不明であり、期待していた効果が出ない場合や、重い副作用が発生する可能性もあるでしょう。

日本には、薬が原因で重い副作用が発生した場合に給付金の申請が行える「医薬品副作用救済制度」があります。ただし、この制度は医薬品が適正に使用された場合のみが対象です。個人輸入した薬による副作用は対象外となってしまいますので、注意しましょう。

個人輸入したフィナステリドを服用した方が、不安を覚えてクリニックを訪れる場合もあります。本来であれば負わなくて良いリスクなので、医療機関にて安全性が確認されているフィナステリドの処方を受けましょう。

参考:厚生労働省|医薬品副作用救済制度の概要と制度への協力のお願いについて

初期脱毛が起こっても服用を勝手に中止しない

初期脱毛が起こると驚いて服用を中止してしまう方もいますが、服用の継続に心配がある場合は必ず医師に相談してから判断をしましょう。

AGA治療は、継続することがとても大切です。初期脱毛は、フィナステリドの服用によりヘアサイクルが正常に戻り始めているサインで一時的なものです。また服用を中止すると、それまで服用したフィナステリドの効果が消えてしまいます。

フィナステリドの効果を得るためにも、短くても半年は服用を継続するつもりで治療に臨みましょう。どうしても不安がある場合は、担当医にご相談ください。

フィナステリドによる初期脱毛に関するよくある質問

最後に、フィナステリドに関するよくある質問を紹介します。

Q.フィナステリドによる初期脱毛が起こらない人はいる?

A.初期脱毛の症状は個人差があり、中には初期脱毛が起こらない方もいます。

髪の毛が抜ける量や初期脱毛の期間にも個人差があり、期間は早い人で1週間から始まり、1カ月半~2カ月までに落ち着く人が多いようです。長い人で3カ月〜半年ほど続く場合があります。

あまりにも長く初期脱毛が続いている場合は、AGA以外の脱毛症やフィナステリドが合っていない可能性がありますので、クリニックへの相談を視野に入れた方がよいでしょう。

Q.フィナステリドによる初期脱毛が2回起こることはある?

A.初期脱毛が2回起こることもあります。

2回目の初期脱毛は、治療開始後6カ月〜1年くらいで起こることが多いようです。1回目の初期脱毛によって生えた髪の毛がさらに丈夫な髪の毛に生え変わるために起こるものなので、心配しすぎなくてもよい場合が多いでしょう。

フィナステリドの服用を続けていると自然に落ち着くことが多いですが、気になる場合は担当医にご相談ください。

Q.フィナステリドによる初期脱毛が止まらないときはどうしたらいい?

A.症状があまりにもひどいと感じる場合はクリニックや担当医に相談しましょう。

初期脱毛は長いと約3カ月~半年ほど続く場合がありますが、3カ月に満たない時でも不安なであれば相談してください。

Q.フィナステリドは前髪が抜けるのを予防できる?

A.フィナステリドの効果により、正常なヘアサイクルで前髪が生える可能性があります。

フィナステリドが阻害する5αリダクターゼの種類は、前頭部や頭頂部に多いⅡ型です。そのため、フィナステリドの服用によって前髪にあたる部分の脱毛予防も期待できます。

Q.フィナステリド以外のAGA治療薬でも初期脱毛は起こる?

A.フィナステリド以外のAGA治療薬でも、初期脱毛が起こる可能性はあります。

フィナステリド以外のAGA治療薬としては、ミノキシジルとデュタステリドが挙げられます。

どちらも初期脱毛が起こる仕組みは同様で、初期脱毛が起こった場合の期間にも個人差があります。

まとめ

フィナステリドによる初期脱毛は、薬の効果が出始めている証です。1カ月半〜2カ月ほどで落ち着く方が多いですが、あまりにも症状がひどいと感じる場合や他の病気が隠れているように感じる場合は、担当医やクリニックに相談しましょう。

初期脱毛に関する質問やAGA治療について気になることがある方はDr.AGAクリニックにお気軽にお問い合わせください。

当院ではAGA治療に踏み出していただきやすいように、初月費用は980円から用意し、全額返金保証制度もございます。通院が難しい方や誰にも知られずに治療を始めたい方向けに、オンライン診療にも対応。AGA治療について詳しく知りたい方や治療を検討されている方は、一人で悩まずにまずはお気軽にご相談ください。

この記事の監修医師
総院長

Dr.AGAクリニック総院長 坂口海雲

H21 大阪市立大学医学部 卒業
H23 大阪市立大学循環器内科 入局
H23 ベルランド総合病院
H24 川崎病院 臨床助教
H25 大阪市立大学病院
H28 福島吉野スマイル内科・循環器内科 開院
R2  Dr.AGAクリニック 総院長就任

error_outline 当サイトのコンテンツはDr.AGAクリニック総院長 坂口海雲の監修により運営されております。