AGA

フィナロイド(フィンペシア)の副作用は?効果や飲み方、注意点を解説

AGA

フィナロイド(フィンペシア)の副作用について、「どのような副作用があるのか」「服用する時にどのような注意が必要か」など、気になる方もいることでしょう。フィナロイド(フィンペシア)はAGAの基本的な治療薬「プロペシア」と同じ成分を含む内服薬です。しかし、フィナロイド(フィンペシア)は日本での承認(許可)が降りていないため、薬の副作用や品質に注意が必要です。

そこで本記事では、フィナロイド(フィンペシア)の副作用や効果、他の薬との違いについて詳しく解説します。AGA治療をより安心して受けたい方は、ぜひ参考にしてください。

フィナロイド(フィンペシア)の副作用は?

フィナロイド(フィンペシア)には副作用がありますが、日本での認可が降りていないため副作用の発現確率に関する詳しいデータは明らかにされていません。

ただし、フィナロイド(フィンペシア)と同じ成分の薬「プロペシア」のインタビューフォームによると、副作用全体の発現率は4.0%で、一番起こりやすい副作用でも発現率は1.1%となっています。起こらない人の方が多いため、心配しすぎないようにしましょう。

フィナロイド(フィンペシア)の主な副作用は以下のとおりです。

  • 性機能障害
  • 過敏症
  • 初期脱毛

フィナロイド(フィンペシア)は、AGAの原因のひとつである「ジヒドロテストステロン」ができるのを防ぐことで、AGAの進行を抑制します。ジヒドロテストステロンは男性ホルモンの一種のため、副作用はジヒドロテストステロンが減ることによる「性機能の低下」が中心です。順番に確認していきましょう。

性機能障害(男性機能の低下)

性機能障害とは、性欲の減退や射精障害を始めとする男性機能の低下のことです。

AGAの原因物質の一つ「ジヒドロテストステロン」は、男性機能を高める作用もあります。フィナロイド(フィンペシア)によってジヒドロテストステロンが減少することで、男性機能が低下し、性機能障害が起こると考えられています。

性機能障害の症状例は、以下のとおりです。

  • 性欲の減退
  • 勃起機能不全
  • 射精障害
  • 精液量の減少
  • 精子の質低下 

フィナロイド(フィンペシア)により性機能が落ちると、妊活に支障が出る可能性があります。精液中に移行するフィナロイド(フィンペシア)の量はきわめて少ないと考えられますが、妊活を予定している方は医師に相談するのが望ましいでしょう。

過敏症

過敏症とは、薬によっておこるアレルギー症状のことです。具体的には、以下のような症状があります。

  • かゆみ
  • 発疹・じんましん
  • 口や顔、のど、血管などのむくみ

薬の過敏症は、服用後数日してから表れることもあります。出始めは軽症でも、服用を続けるうちに重症化するケースもあるため注意が必要です。

今までに薬(特にAGA治療薬)でアレルギーを起こしたことのある人は、必ず医師に伝えてください。

初期脱毛

初期脱毛とは、AGA治療薬を始めてしばらくすると起こる一時的な脱毛です。AGAによって乱れた毛周期(髪の生え変わりサイクル)が正常化する過程で、初期脱毛が起きると考えられています。

なかには「治療を始めたら逆に抜け毛が増えた」と考え、薬を中断してしまう方もみられます。薬を中断するとAGA治療が振り出しに戻る可能性もあるため、基本的には薬を続けることが大切です。

ただし、AGAとは関係のない内臓疾患や皮膚疾患によって脱毛が起きている可能性もあるため、気になる場合は医師に相談するのがよいでしょう。

そもそもフィナロイド(フィンペシア)とは

フィナロイド(フィンペシア)とは、プロペシアと同じ成分「フィナステリド」を含む内服薬です。5αリダクターゼという酵素を阻害してAGAの原因物質の一つであるジヒドロテストステロンの働きを抑えることで、脱毛を抑制します。

ここからは、フィナロイド(フィンペシア)について以下の内容を説明します。

  • フィナロイドとプロペシアの違い
  • フィナロイドとミノキシジルの違い

フィナロイド(フィンペシア)について知ることで、よりAGA治療薬の理解を深められます。順番に見ていきましょう。

フィナロイドとプロペシアの違い

プロペシアは海外60か国以上で承認されており、日本でも2005年12月から発売されている薬です。最初に開発された薬のため、「先発品」「ジェネリック医薬品」で分類すると、「先発品」の扱いとなります。

プロペシアはAGA治療の基本的な薬と位置付けられており、日本皮膚科学会による男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン2017年版でも、「推奨度A:男性型脱毛症にはフィナステリドの内服を行うよう強く勧める」とされています。

フィナロイド(フィンペシア)とプロペシアの違いは、以下のとおりです。

  • どこの国・メーカーでつくられているか
  • 厚生労働省の認可を受けているか

プロペシアは、アメリカに親会社のあるオルガノン株式会社による薬です。一方、フィナロイドはフィリピンの製薬会社、フィンペシアはプロペシアの国際特許が切れる前からインドの製薬会社によって製造されています。フィナロイド、フィンペシアのどちらもプロペシアと同じ成分を含むため広い意味では「ジェネリック医薬品」ですが、日本の承認を受けていないため、国が正式に認めた「ジェネリック医薬品」ではありません。

またプロペシアは、日本の基準に沿って安全に薬が製造・管理されています。しかし、フィナロイド(フィンペシア)の製造管理や流通が海外でどのように行われているかは、不明瞭な部分があります。そのため、成分は同じですが品質がプロペシアとまったく同じとはいえないのが現実です。

関連記事:プロペシア(フィナステリド)の効果は?副作用や服用の注意点について解説

フィナロイドとミノキシジルの違い

ミノキシジルは、発毛を促すタイプのAGA治療薬です。ミノキシジルは市販もされている外用薬(塗り薬)が有名ですが、医療機関では内服薬(飲み薬)のミノキシジルタブレットもよく使われています。

ミノキシジルの治療効果は高く、とくに外用薬は、日本皮膚科学会による男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン2017年版で「推奨度A:ミノキシジル外用を行うよう強く勧める」とされています。

脱毛を抑制するフィナロイド(フィンペシア)と発毛を促進するミノキシジルは効き方が異なるため、併用することも可能です。

関連記事:ミノキシジルの効果は?副作用や服用方法、注意点をわかりやすく解説

フィナロイド(フィンペシア)の効果

フィナロイド(フィンペシア)は、5αリダクターゼⅡ型という酵素を阻害し、男性ホルモンの一種テストステロンがAGAを引き起こすジヒドロテストステロン(DHT)に変わるのを抑える薬です。

前頭部や頭頂部にジヒドロテストステロンが多いと、以下の現象が起こります。

  • 毛根の増殖が抑制され、髪の毛の成長が遅くなる
  • 髪の毛の成長期が短くなり、早く抜けてしまう

フィナロイド(フィンペシア)は直接的に髪の毛を増やすわけではありませんが、ジヒドロテストステロンによる脱毛を抑制することでAGAの進行を抑えられるのです。

フィナロイド(フィンペシア)の飲み方

フィナロイド(フィンペシア)は、1日1回服用します。朝・夜など時間の決まりはありませんが、毎日同じくらいの時間に飲むようにしてください。また、食事の有無に関係なく服用できます。

フィナロイド(フィンペシア)は、効果が同じ以下のAGA治療薬とは同時に服用できません。

  • プロペシア
  • フィナステリド
  • ザガーロ
  • デュタステリド

また、前立腺肥大という病気の治療薬にもフィナロイド(フィンペシア)とほぼ同じ効果の薬があるため、薬の重複に注意が必要です。似た成分の薬を同時に飲んでしまうと、副作用が強く出るおそれがあります。他に飲んでいる薬がある方は必ず医師にご相談ください。

フィナロイド(フィンペシア)を服用する際の注意点

フィナロイド(フィンペシア)を服用する際は、以下の注意点を守ることが大切です。

  • 禁忌事項を確認すること
  • 服用前に必ずクリニックで相談すること

注意点を守ることで、フィナロイド(フィンペシア)の安全性を高められます。確認しておきましょう。

禁忌事項を確認すること

禁忌事項とは、「薬を使ってはいけない人」です。

薬には、飲み合わせの悪い薬や食べ物、相性の悪い持病などが存在します。なかには禁忌事項のない薬もありますが、「禁忌ではないけれど、注意は必要」という注意事項は多くの薬に存在します。薬を安全に使うため、医師・薬剤師による禁忌事項や注意点などの説明は必ず聞くようにしましょう。

なお、フィナロイド(フィンペシア)と同じ成分「プロペシア」の禁忌は、「本剤の成分(フィナステリド)に対し過敏症の既往症のある患者」「妊婦または妊娠している可能性のある女性及び授乳中の女性」です。割れたり砕けたりした錠剤は、飲まなくても手で触っただけで皮膚から吸収される恐れがあります。保管の際は、禁忌の方が触ることがないよう注意してください。

服用前に必ずクリニックで相談すること

フィナロイド(フィンペシア)の服用を医師が知らないと、同じ成分・効果の薬が同時に処方される可能性があります。薬の重複を避けるため、フィナロイド(フィンペシア)を服用する前は必ずクリニックで相談してください。

また、フィナロイド(フィンペシア)の個人輸入は安全性の面からおすすめしません。日本のクリニックよりも安く手に入る個人輸入の薬には、偽物や品質の悪いものがまぎれている可能性があります。AGAクリニックは安全性の高い流通経路を確保していますが、個人が薬の品質を見分けることは非常に困難です。

偽物や品質の悪い薬によって健康被害が出た場合、個人輸入の薬は「医薬品副作用被害救済制度」の対象にもならず、厚生労働省も薬の個人輸入は危険性をよく考えるよう注意喚起をしています。

個人輸入の薬はリスクが大きいため、安全にAGA治療を行うなら日本のクリニックが処方する治療薬の使用をおすすめします。

フィナロイド(フィンペシア)の副作用が改善しないときの対処法

フィナロイド(フィンペシア)の副作用が改善しないときは、病院やクリニックで診察を受けましょう。

副作用には、初期脱毛のように薬の服用を続けて問題ないものと、過敏症のように薬を中止しなければ危険なものがあります。受診すべき副作用を放置すると重症化する可能性もあるため、症状が軽いうちに適切な治療を受けましょう。

また、前述した個人輸入のフィナロイド(フィンペシア)で副作用が出た場合、薬に含まれている成分や流通があいまいなため、日本の薬による副作用より治療が難しいケースも珍しくありません。

副作用による健康被害やAGA治療への影響を最小限に留められるよう、フィナロイド(フィンペシア)の副作用を疑う場合は自分の判断で薬をやめることはせず、速やかに病院へ相談することをおすすめします。

まとめ

今回は、フィナロイド(フィンペシア)の副作用について解説しました。フィナロイド(フィンペシア)の代表的な副作用は、以下のとおりです。

  • 性機能障害:精子の質低下・勃起不全など
  • 過敏症:かゆみ・じんましん・むくみなど
  • 初期脱毛

副作用のうち初期脱毛は、薬によって髪の毛の生えるサイクル(毛周期)が整い始めたサインのため過度な心配は必要ありません。自己中止せずに薬を続けましょう。ただし、他の病気によって脱毛が起きている可能性もあるため、一度医師に見てもらうのが確実です。性機能障害・過敏症が出た場合は、医師に相談しましょう。

また、フィナロイド(フィンペシア)の個人輸入は、副作用が出た際の対応が難しいためおすすめしません。価格の安さを魅力に感じがちですが、健康被害のリスクを考えると日本のクリニックが処方する安全性の高い薬を服用する方がよいでしょう。

Dr.AGAクリニックは、丁寧な説明の上でAGA治療薬を処方します。フィナロイド(フィンペシア)の取り扱いはありませんが、同じ成分の「プロペシア」「フィナステリド」は処方可能です。フィナステリドは、国産と外国産の2種類を取り扱っており、より患者様のニーズに合った治療薬をお選びいただけます。

気軽に受診いただけるようカウンセリングは無料で行っており、他院のカウンセリングや見積もりの金額と比較していただいても構いません。納得できる価格でしっかりとした治療を受けたい方は、ぜひお気軽にご相談ください。

この記事の監修医師
総院長

Dr.AGAクリニック総院長 坂口海雲

H21 大阪市立大学医学部 卒業
H23 大阪市立大学循環器内科 入局
H23 ベルランド総合病院
H24 川崎病院 臨床助教
H25 大阪市立大学病院
H28 福島吉野スマイル内科・循環器内科 開院
R2  Dr.AGAクリニック 総院長就任

error_outline 当サイトのコンテンツはDr.AGAクリニック総院長 坂口海雲の監修により運営されております。