AGA治療

育毛・養毛・発毛の違い

AGA治療

育毛剤

現在生えている髪の毛に対して働きかけ、頭皮環境を整えることで髪を強く、より太く成長させることを目的としているもの。

見た目のボリューム感だけでなく、太くなるので抜けにくくなるので抜け毛、薄毛予防に効果的です。

養毛剤

髪に栄養を与えて栄養不足による抜け毛を防ぐ。

血行を促進することで細胞を活性化したり、男性ホルモンや皮脂の分泌を抑制します。

髪の栄養不足は頭皮の血管収縮による血行不良が原因になっている場合が多く、頭皮マッサージで改善できることもあります。

発毛剤

新しい髪を発毛させ、薄毛・抜け毛を改善するためのもの。

毛母細胞の働きを活性化し、休んでいる毛穴から再び髪が生えるよう促す。

育毛剤、養毛剤は現在生えている髪に対し働きかけ、発毛剤は休んでいる毛根に働きかけ髪を生やす事を目的としています。

休止期に入った髪が再び成長期に戻るには最低3ヶ月程度かかるので、その間は使用をやめないことが重要といえます。

この記事の監修医師
総院長

Dr.AGAクリニック総院長 坂口海雲

H21 大阪市立大学医学部 卒業
H23 大阪市立大学循環器内科 入局
H23 ベルランド総合病院
H24 川崎病院 臨床助教
H25 大阪市立大学病院
H28 福島吉野スマイル内科・循環器内科 開院
R2  Dr.AGAクリニック 総院長就任

error_outline 当サイトのコンテンツはDr.AGAクリニック総院長 坂口海雲の監修により運営されております。