AGA治療

初期脱毛はなぜ起こる?仕組みや見分け方、終わる兆候をわかりやすく解説

AGA治療

「AGA治療を始めたのに、なぜか抜け毛が目立ってきた」

「抜け毛が増えるくらいなら、治療をやめた方がよいのではないか」

「希望を抱いて治療を決意したけど、自分は治療をしても無駄なのかもしれない」

このような疑問や悩みはありませんか?

AGA治療を開始したあとに、抜け毛が増える現象を「初期脱毛」といいます。初期脱毛は一過性の脱毛症状であるため、過度に悩む必要はありません。むしろ、これから髪の毛が増える過程で大切な現象です。

今回は、初期脱毛の仕組みや見分け方、さらには初期脱毛への対処方法を詳しく解説します。初期脱毛を正しく理解し、AGA治療を継続していきたい方は参考にしてみてください。

初期脱毛はなぜ起こる?

初期脱毛は、AGA治療を開始した初期の頃に、抜け毛が増える症状を指します。薄毛治療を開始した方の約10%にみられる症状ともいわれるため、珍しい症状ではありません。

初期脱毛が起こる要因は、AGA治療薬の作用により、ヘアサイクルが正常に戻ろうとする過程にあります。まずは、初期脱毛が起こる仕組みについて確認していきましょう。

AGA治療で初期脱毛が起こる仕組み

まず、初期脱毛を理解する上では欠かせない「ヘアサイクル」について解説します。

髪の毛は、成長して一定の期間が経過すると自然に抜け落ち、同じ毛包(毛穴)から新しい髪の毛が生えてきます。この、成長しはじめてから抜け落ちるまでのサイクルを「ヘアサイクル」と呼びます。

へサイクルには「成長期」「退行期」「休止期」があり、約2〜6年の周期で髪の毛が生え変わります。しかし、薄毛の原因がAGAの場合、ヘアサイクルが数カ月~1年と短くなることで髪の毛の成長期も短くなり、十分に成長できない状態のまま抜け落ちてしまうのです。

そこで、乱れたヘアサイクルを整えるために、AGA治療薬が用いられます。AGA治療薬には髪の毛を育てる効果やヘアサイクルを正常化させ、抜け毛を抑制する効果があります。

ヘアサイクルを正常化させる過程において、もともと生えていた髪の毛が、新しく生え変わろうとする健康な髪の毛に押し出される形で同じ期間中に抜け落ちていくのです。AGA治療における初期脱毛は、ヘアサイクルが正常化しているサインとして捉えるようにしましょう。

初期脱毛が起こってもAGA治療薬の服用・使用を中止するのはNG

初期脱毛の症状があっても、AGA治療を中止するのはおすすめしません。先述したように、初期脱毛は乱れたヘアサイクルを正常化させるために必要な過程です。また冒頭でも述べたように、初期脱毛は一過性の脱毛症状です。

抜け毛を目の当たりにすると、不安になる気持ちはわかりますが、一定期間を過ぎると抜け毛の症状は治まるため、過度に不安になる必要はありません。

AGA治療の効果を得るためには、初期脱毛の過程を乗り越える必要があります。AGA治療における初期脱毛の仕組みを理解し、治療を続けることが大切といえるでしょう。

AGA治療による初期脱毛の見分け方

AGA治療を開始し、抜け毛が増えたとしても、AGA治療による初期脱毛ではない可能性もあります。AGA治療による初期脱毛とほかの要因との見分け方は、以下の2つの方法です。

  • 頭皮の状態で見分ける
  • 抜けた毛で見分ける

AGA治療による初期脱毛以外の要因で脱毛症状がある場合、なんらかの疾患が影響している可能性があります。ここでしっかりと確認しておきましょう。

頭皮の状態で見分ける

AGA治療による初期脱毛の見分け方として、頭皮の状態を確認する方法があります。何かしらの原因により頭皮トラブルを抱えている場合、頭皮の状態が原因で抜け毛が増えている可能性があるからです。

たとえばフケが増えてきたときです。フケは脂漏症ともいわれ、菌が頭皮や毛包(一般的には毛穴と呼ばれる)などに炎症を引き起こします。フケが続いているのにもかかわらず放置をした場合、毛根が弱り抜け毛が増える可能性があるのです。

また頭がかゆい場合には、皮膚炎や乾燥が疑われます。かゆみ症状を伴う頭皮トラブルも抜け毛の要因となるため注意が必要です。

頭にフケが増えたり、かゆみ症状があったりする場合は、AGA治療による初期脱毛ではない可能性があるのを把握しておきましょう。

抜けた毛で見分ける

また、抜けた毛で見分ける方法もあります。AGA治療による初期脱毛で抜け落ちた毛は、細くて短い産毛のような毛がほとんどです。

一方で、長い髪の毛が抜け落ちる場合には、以下のような要因が考えられます。

  • 過度なダイエット
  • ストレス
  • 甲状腺機能低下症
  • 副腎皮質機能不全症
  • 亜鉛欠乏症
  • エリテマトーデス(自己免疫疾患)
  • 感染症による脱毛症

このように、長い髪の毛が抜け落ちる場合には、さまざまな疾患が影響している可能性もあります。自己判断が難しい場合や不安がある場合には、クリニックへ相談するようにしましょう。

初期脱毛が起こる期間

初期脱毛が一時的な症状とはいえ、いつからいつまで続くのか気になるところです。初期脱毛が起こる期間には個人差があるためはっきりとした期間はいえませんが、目安は以下の通りです。

初期脱毛がはじまる期間治療を開始してから1〜1カ月半
初期脱毛が終わる期間治療を開始して1〜3カ月程度(治療開始6カ月後にはほとんどの方が無症状)

上記はあくまで目安であり、これより短かったり、反対に長くなったりする場合があります。

初期脱毛が終わる兆候はある?

では初期脱毛が終わる兆候はあるのでしょうか。

結論からいうと、初期脱毛が終わる兆候はありません。一定期間、初期脱毛の症状が続き、次第に気にならなくなる方がほとんどです。

抜け毛のことをあまり気にし過ぎると、かえってストレスとなり心身ともに疲弊する場合があります。初期脱毛は、一過性の症状であるため、不安になりすぎないように注意しましょう。

初期脱毛が止まらないときの対処法

初期脱毛は一時的なものとお伝えしましたが、抜け毛が止まらなくて不安になることもあるかもしれません。そこで、初期脱毛が止まらないときの対処方法を3つ紹介します。

  • 髪の毛や頭皮を触りすぎない
  • 生活習慣を見直す
  • 症状がひどい場合はクリニックに相談する

まずは今からお伝えする対処方法をためしてみましょう。対処方法をためしても初期脱毛が止まらない場合や不安が強い場合には、クリニックに相談するのがおすすめです。

髪の毛や頭皮を触りすぎない

初期脱毛が止まらないときは、髪の毛や頭皮を触りすぎないようにしましょう。頭皮や毛根にダメージを与えてしまうと、脱毛を促進してしまうおそれがあるからです。

たとえば、頭皮マッサージを控えるのもおすすめです。ほどよい刺激を与えるマッサージ程度であれば問題ありませんが、頭皮を強くこすったり爪を立てたりすると毛根にダメージを与えてしまう可能性があります。また、ヘアスプレーやヘアワックスの使いすぎも毛根へダメージを与えたり毛穴詰まりのきっかけを作ったりしてしまいます。

初期脱毛の期間中は特に、髪の毛や頭皮を触りすぎないように気をつけましょう。

生活習慣を見直す

生活習慣の見直しも、初期脱毛を抑えるのに有効です。生活習慣は髪の毛の健康や、ヘアサイクルの正常化に大きく影響するからです。生活習慣の中でも、特に気をつけるべきなのが、睡眠・喫煙・飲酒の3つの習慣です。

  睡眠

睡眠不足は頭皮へ悪影響を及ぼします。髪の毛の成長や健康なヘアサイクルには成長ホルモンが関わっています。成長ホルモンは睡眠中に多く分泌されるため、睡眠不足に陥ると成長ホルモンが減少してしまいます。その結果、髪の毛に栄養が行き届かず抜け毛が増えてしまう可能性があるのです。

良質な睡眠をとるためのポイントとしては、以下の3つが挙げられます。

  • 就寝の2〜3時間前に入浴をする
  • 起床直後に光を浴び、反対に夜は明るい場所を避ける
  • コーヒーや緑茶などカフェインを含む飲料は、就寝の5〜6時間前から控える

すべてを急におこなうのは難しいため、できることから取り入れてみましょう。

  喫煙

たばこには有害物質が多く含まれており、血管を収縮させる作用があります。血管が収縮すると、頭皮の血流を阻害するため、髪の毛への栄養が不足してしまいます。禁煙すると頭皮へのダメージが減少し、初期脱毛を抑えられる可能性があるため喫煙習慣の見直しが必要といえるでしょう。

ただし、禁煙によるストレスを抱えると、ストレスホルモンといわれるコルチゾールが多く分泌されるようになります。慢性的なストレスによるコルチゾール分泌量増加は、髪の毛の発毛を阻害する可能性があります。そのためストレスを抱えないように、少しずつ喫煙本数を減らしていくなどの工夫が必要です。

  飲酒

アルコールも抜け毛を促進する要因になります。アルコールを過剰に摂取すると、髪の毛の成長に必要な亜鉛や銅、タンパク質などの栄養素の吸収を阻害します。

また、アルコールはAGAの原因物質であるジヒドロテストステロン(DHT)を増加させる可能性があります。DHTの増加は、AGAを促進してしまうため、脱毛が増える要因につながります。

症状がひどい場合はクリニックに相談する

上記の方法をためしてみても初期脱毛が止まらない場合や、症状がひどい場合には、クリニックに相談するようにしましょう。

クリニックでは、現在の脱毛状況やほかにみられる症状を見極めながら、治療を継続するかどうかや治療方法の変更を検討してくれます。最適な治療方法が選択されることで、初期脱毛を最小限にとどめられるでしょう。

また脱毛の原因がAGA治療以外にあると判断された場合には、医師のアドバイスを受けられます。初期脱毛の症状が強く不安な場合には、専門医に相談するのもよいかもしれません。

初期脱毛が起こる可能性があるAGA治療薬

初期脱毛を起こす可能性のある代表的なAGA治療薬は以下の通りです。

  • フィナステリド・デュタステリド
  • ミノキシジル

それぞれ順番に解説します。

フィナステリド・デュタステリド

フィナステリドとデュタステリドは共に、AGAに大きく関わる「5αリダクターゼ」という酵素の働きを抑制する作用があります。

5αリダクターゼは、男性ホルモンの「テストステロン」をAGAの要因となる「ジヒドロテストステロン(DHT)」に変換させる働きがあります。その5αリダクターゼの働きを抑制するフィナステリドとデュタステリドは、AGA治療に対して高い治療効果が認められているのです。

そして高い治療効果があるがゆえに、乱れたヘアサイクルを正常に戻す力があります。正しいヘアサイクルへの移行期間に生じる初期脱毛は、AGA治療において必要な過程といえるでしょう。

ミノキシジル

ミノキシジルは、もともと高血圧の治療薬として開発されました。しかし、副作用として頭髪の成長を促進する効果が発見され、現在はAGAの治療薬として広く知られています。

ミノキシジルを用いることで、毛母細胞の活性化を促し、髪の毛の成長を促進します。ヘアサイクルが整い、新しい髪の毛が成長するにしたがって、もともと生えていた髪が抜け落ちていきます。これがミノキシジルを用いたときに生じる初期脱毛です。

初期脱毛に関するよくある質問

AGA治療における初期脱毛に関して、よくある質問を紹介します。

Q.初期脱毛の症状でどれくらい毛が抜ける?

初期脱毛で抜け落ちる毛の量は、個人差が大きく具体的な量や本数は提示できません。しかし、ほとんどの場合は見た目が大きく変わるほど抜け落ちることはありません。仮に、一気に髪の毛が抜け落ちる場合には、初期脱毛とは別の要因が考えられるため、クリニックへの受診をおすすめします。

Q.女性でも初期脱毛は起こる?

女性でも初期脱毛は起こります。しかし、先述したように、初期脱毛は治療の効果が出始めている証拠です。慌てずに、治療を継続するのが重要です。

まとめ

初期脱毛は、薄毛治療を開始した初期の頃に、抜け毛が増える現象です。薄毛治療を開始した方の約10%にみられる症状ともいわれるため、珍しい症状ではありません。

初期脱毛が起こる要因は、AGA治療薬の作用により、ヘアサイクルが正常に戻ろうとする過程にあります。そのため、初期脱毛は「AGA治療の効果が出ている証拠」として捉えて問題ありません。

また初期脱毛は、AGA治療を開始して1〜3カ月程度で収まるといわれています。抜け落ちる髪の毛の量も、見た目が大きく変わるほどではないため、必要以上に心配しないようにしましょう。

ただし、頭皮にフケやかゆみがあったり、抜け落ちる髪の毛の量が多かったりする場合にはほかの要因があるかもしれません。不安な場合は、早めにクリニックに相談するようにしましょう。

Dr.AGAクリニックではAGA治療に詳しい専門医が、カウンセリングから治療まで一貫して担当しています。初期脱毛に関する不安や悩みについても相談を受けつけています。患者一人ひとりの希望に寄り添った治療を提供しているため、安心してご相談ください。

また、AGA治療に対して抵抗のある方でも安心して治療が受けられるよう、完全個室対応、全額返金保証制度を設けています。

薄毛でお悩みの方は、当院までお気軽にご相談ください。

この記事の監修医師
総院長

Dr.AGAクリニック総院長 坂口海雲

H21 大阪市立大学医学部 卒業
H23 大阪市立大学循環器内科 入局
H23 ベルランド総合病院
H24 川崎病院 臨床助教
H25 大阪市立大学病院
H28 福島吉野スマイル内科・循環器内科 開院
R2  Dr.AGAクリニック 総院長就任

error_outline 当サイトのコンテンツはDr.AGAクリニック総院長 坂口海雲の監修により運営されております。