AGA治療

AGA治療をすると髪質が変わる

AGA治療

AGA治療の体験談などで、AGA予防薬のプロペシアを服薬し髪質が変わったなどの体験談をみたことはありませんか。

プロペシアはAGAの原因物質であるDHT(ジヒドロテストステロン)の産生を減らす効果があると言われています。

DHTが減ることによって、髪は本来の状態を取り戻しやすくなり、太くしっかりとした髪が生えるようになり、その結果として髪質が変わったと感じる方もいらっしゃいます。

またほとんどの方が発毛を期待してプロペシアと一緒にミノキシジルも服薬されているかと思います。

ミノキシジルは頭皮の血の巡りを改善させ、栄養を届け発毛効果が期待できる薬です。

プロペシアと合わせて使うことによって、お互いに足りない部分を補い合う効果が得られるようになります。

プロペシアとミノキシジルを服薬することによってより一層高い効果が得られ、太くしっかりした髪の毛が生えてきます。

太くしっかりした髪の毛に変化してくると癖毛の影響も減る方もおり、

髪質が変わったと感じられる方もおりますが、

悪い状態ではなく良い状態への変化と考えられるのではないでしょうか。

この記事の監修医師
総院長

Dr.AGAクリニック総院長 坂口海雲

H21 大阪市立大学医学部 卒業
H23 大阪市立大学循環器内科 入局
H23 ベルランド総合病院
H24 川崎病院 臨床助教
H25 大阪市立大学病院
H28 福島吉野スマイル内科・循環器内科 開院
R2  Dr.AGAクリニック 総院長就任

error_outline 当サイトのコンテンツはDr.AGAクリニック総院長 坂口海雲の監修により運営されております。