Dr.AGAクリニックにおける新型コロナウィルス対策

乾燥

1/3ページ

頭皮の乾燥が招く様々なトラブル

頭皮の乾燥で起こる症状として、「フケ」「かゆみ」「抜け毛」があります。 根本的な対策は、頭皮の乾燥を改善することと考えられますが、それぞれの症状についての具体的な対策法があるのでご紹介致します。 抜け毛対策 頭皮の乾燥と抜け毛には関連性があるといわれています。 頭皮が乾燥しているということは、頭皮の血行が悪く、栄養や酸素が十分に行きわたっていない可能性が考えられるため。 髪に必要な栄養が不足してい […]

頭皮が乾燥する原因

頭皮の乾燥の対策や予防をするには、なぜ頭皮が乾燥するのかを知ることが大切であり、頭皮の乾燥の原因は主に「外部からの刺激」と「地肌のトラブル」の2つがあげられます。 外部からの刺激 紫外線によるダメージ 空気の乾燥 洗浄力の強いシャンプー 間違った方法による過度な洗髪 皮膚には通常、肌のうるおいをキープし、乾燥やほこりなどから守るバリア機能が備わっています。 しかし、紫外線や空気の乾燥などの外的刺激 […]

Dr.AGAクリニックがおすすめする頭皮ケア③

頭皮の感想は冬のみならず、意外と1年中お悩みの方も多いのではないでしょうか? 乾燥する理由も様々なのでここで紹介したいと思います。 【温度差】 冷暖房の効いた部屋にいると室内と屋外の湿度差があり乾燥してしまいます。 頭皮に汗をかいたり、冷やされたりの繰り返しで頭皮が乾燥します。 頭皮から出た皮脂が毛穴に詰まりフケや抜け毛の原因となります。 乾燥が招く頭皮トラブルをご紹介 皮膚にやさしい湿度は60% […]

かさぶたによる影響

頭皮のかさぶたと抜け毛・薄毛の関係性 皮脂の分泌量が減少するなどの要因で頭皮が乾燥した場合、頭皮内の毛細血管の血行が次第に悪化し、髪のための栄養供給もより少なくなりえます。 よって、抜け毛が増えたり、新たに生えてくる毛髪が弱くなるなど、放っておくと毛が抜けてしまうことにつながると考えられています。 かさぶたができたからといって、すぐに抜け毛が増えたり薄毛になったりするわけではありませんが、放ってお […]

頭皮にかさぶたが出来る原因④

食事の偏り 偏った食生活も、頭皮の乾燥の要因につながります。 例えば、うなぎやレバー、卵に多く含まれているビタミンAは、不足すると皮脂腺や汗腺が萎縮して、皮脂や汗の分泌量が少なくなり、頭皮が乾燥しやすくなります。 しかし、摂取しすぎても、頭皮の角質化や発疹となる可能性がありますので、栄養バランスのとれた食生活を心がけましょう。 こちらも髪の成長そのものに影響を与える要因となりかねません。 食生活と […]

頭皮にかさぶたが出来る原因③

過度のストレスによるホルモンバランスの乱れ 頭皮乾燥の要因のひとつとされている血行不良は、ストレスとも関係しています。 ストレスは、自律神経やホルモンバランスの乱れにつながります。 強いストレスによって自律神経が乱れると、筋肉が緊張して血管が収縮すると考えられており、血管が収縮することで血行が悪くなってしまうのです。 その結果、頭皮の乾燥によるトラブルにつながることも考えられますが、頭皮のケアと同 […]

頭皮にかさぶたができる原因

皮脂が多い 皮脂が多い人はかさぶたができやすい傾向にあります。 本来、頭皮の下にある皮脂腺から分泌される皮脂は、頭皮環境の健康を保つために非常に重要な役割を担っています。 しかし、男性ホルモンバランスの乱れの影響や脂質の多い食事などによって皮脂の分泌量が異常に多くなると、頭皮に負担を与えたり毛穴を詰まらせたりします。 余分な皮脂を日頃の洗髪にて解消しましょう! 皮脂の分泌が増え、特にそれを長期間そ […]

髪のパサつき(まとめ)

髪のパサつきの原因は、何気ない日頃の生活行動の中に隠れていることがお分かりいただけたかと思います。 同時に、間違った習慣や方法を正すことで、髪の傷みを軽減できることもお伝えいたしました。 きれいな髪を保つことも、おしゃれの一部です。 今日から、髪を労る習慣を実践してみてはいかがでしょうか♪ 日頃のケアだけではなく内から地肌を正常以上の状態にしてくれるサプリメントも、Dr.スキンクリニック大阪難波で […]

髪のパサつきに気をつけること

ここにも注意!! 紫外線による乾燥から髪を守るためには、帽子や日傘を活用するのがオススメ。 ただし、通気性の悪い帽子を長時間被ると、蒸れによって頭皮の常在菌が増えるので、帽子の素材や形状には気をつけたいところです。 また、髪表面は市販の「髪専用UVスプレー」などを活用しましょう。 髪のためにはカラーリングやパーマはしないのが得策ですが、おしゃれが好きな人には諦められないもの・・・。 そこで、Dr. […]

ツヤ・コシを手に入れる方法

シャンプー後の、髪の乾かし方も大きなポイントです。 キューティクルの表面は、7〜8層のうろこ状に重なり合っていますが、髪がぬれると開く性質があります。 開いたキューティクルはとても傷つきやすいので、キューティクルを保護するためにもシャンプー後は手早く丁寧に乾かすことが大切!! また、外的刺激にも要注意! 頭皮や髪表面の紫外線対策が必要です。 対策を怠ると、頭皮や髪表面が日焼けし、乾燥によって髪がパ […]

1 3