大人ニキビの原因

生活習慣

大人ニキビとは20代を過ぎてからできるニキビの事を指します。

10代の頃のニキビは思春期ニキビと呼び、額や鼻筋など、皮脂の分泌が多い部位に多く見られます。大人ニキビは顎や頬、首などにできやすいのが特徴です。また、思春期ニキビは3,4年経てば大抵はなくなりますが、大人ニキビは治りづらく繰り返し発生してしまい、跡が残ってしまうケースが多く見受けられます。

【大人ニキビの原因】

・不規則な生活

・過労

・睡眠不足

・偏った食生活

・ストレス

・肌の乾燥

・ホルモンバランスの変化など

大人ニキビの原因はさまざまで、生活習慣やホルモンバランスが深く関係していると言われています。過労や、不規則な生活/食生活などでホルモンバランスが乱れ、肌の生まれ変わりのリズムが崩れることで、ニキビができやすくなると考えられています。

また肌が乾燥する事で古い角質がはがれにくくなり、肌の層が分厚くなることで毛穴を塞いでしまうことも大人ニキビの発生に繋がります。

また、男性と女性で大人ニキビの原因は異なります。

男性の場合は髭剃りなど、皮膚への負担や刺激による原因が多く、女性の場合はメイクが原因になることもあります。油分の多い化粧品を使用し続けることやしっかりとクレンジングができていないスキンケアなども、大人ニキビを引き起こすきっかけになります。また、生理前にニキビが増えたり悪化したりすることもあります。

それは女性ホルモンであるプロゲステロンの分泌が盛んになり、皮脂の分泌を過剰にしてしまうことが原因として考えられています。

次回は大人ニキビの種類についてご紹介します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました