生活情報

DHTを抑制する食事

生活情報

DHTとは一般的に男性ホルモンの一種として知られていますが、AGAの原因物質としての働きもあるホルモンです。

テストステロン(男性ホルモン)と5aリダクターゼという酵素と結合することで生成されます。

DHTは薄毛を引き起こす原因物質であり、髪の毛の元になる毛母細胞へと栄養を送る毛乳頭細胞の男性ホルモンレセプターに取り込まれ、毛母細胞の働きを低下させます。

それによってヘアサイクルが乱れて髪の毛の成長期が短縮され、健康的な髪の毛が生えにくくなります。

AGAの治療ではDHTを抑制する薬を服用しますが、食生活からも改善できるように心がけましょう。

【D H Tの生成を抑える食事】

DHTを抑制するためには「亜鉛」や「イソフラボン」が含まれている食事・食品が理想的です。

「亜鉛」や「イソフラボン」には、5aリダクターゼの動きを抑制し男性ホルモンとの結合を防ぐ働きがあるため、DHTの生成自体を抑制する効果が期待できます。

この記事の監修医師
総院長

Dr.AGAクリニック総院長 坂口海雲

H21 大阪市立大学医学部 卒業
H23 大阪市立大学循環器内科 入局
H23 ベルランド総合病院
H24 川崎病院 臨床助教
H25 大阪市立大学病院
H28 福島吉野スマイル内科・循環器内科 開院
R2  Dr.AGAクリニック 総院長就任

error_outline 当サイトのコンテンツはDr.AGAクリニック総院長 坂口海雲の監修により運営されております。