キムチには発毛効果がある?③

食生活

論文の中では、特性ドリンクに含まれる【ポリ‐Yグルタミン酸】が髪の毛に発毛効果をもたらしたのではないかと推測されています。

※【ポリ‐Yグルタミン酸】は、発酵食品に含まれる、発酵菌のこと。

ポリ‐Yグルタミン酸とは意外にも、私たち日本人にも馴染みのある“納豆”に含まれています。

納豆特有の粘りの主成分はポリ‐Yグルタミン酸です。

AGAは、5aリダクターゼとテストステロンの結びつきで生成されるジヒドロテストステロン (DHT)の影響によって抜け毛が増え始める疾患ですが、ポリ‐Yグルタミン酸は髪の毛に悪影響を及ぼす5aリダクターゼの働きを阻害する効果があると言われています。

5aリダクターゼの働きを阻害することでDHTの増殖を抑制するため、既に薄毛の進行が進んでいる患者に対しては発毛や抜け毛予防を促し、AGAを発症する前の患者に対しては、AGAの発症を未然に防ぐ効果が期待できるとの意味にも捉えることができます。

この論文の内容について確認を行った医師は「信憑性がありそう」という見解を示しているものの、実験期間が乏しいため医学的根拠に基づいた実験結果については未だ発表がなされていません。

キムチの発毛説については未だ信憑性があると断定は出来ないものの、

キムチ食べることで【腸内環境の改善】【美容効果】【免疫アップ】など、私たちの健康にたくさんの良い影響を与えてくれるスーパーフードだということは間違いありません。

最近ではスーパーで数多くのキムチが並べられていますので、アレンジをしながら毎日のレシピに取り入れることが可能です。種類が豊富であればあるほど、世界的に注目されている食品だということにも納得がいきます。

キムチを毎日食べると言われているキムチ発祥の韓国ですが、薄毛の人口が少ない国としても有名なのはご存知でしょうか。

世界薄毛ランキングでも韓国は下位にランクインしています。

韓国で薄毛の方が少ない理由がキムチを食べるからなのか。については定かではないですが、少なからず関係性は期待できそうです。

日々の食事の一品として取り入れてみてはいかがでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました