Dr.AGAクリニックにおける新型コロナウィルス対策

血流改善

頭皮マッサージ 日々のケアで出来る頭皮マッサージ。 頭皮の血流を改善させるためには頭皮マッサージも有効。頭皮が硬くなっているのは緊張状態によって血流が悪くなっている証拠です。マッサージすることで刺激を与えて血流を良くし、栄養分を取り込みやすい頭皮にすることで健康的な髪の毛が育ちます。 生え際から頭頂部に向け、指の腹で円を描くようにもみほぐしましょう。爪を立ててしまうと頭皮が傷つくので、必ず指の腹側 […]

毛母細胞が減少②

血行不良 血行不良は頭皮の血流も悪くしてしまうことから抜け毛になってしまいます。血流が悪くなると、栄養分を取り込むことがうまくできず、毛母細胞にきちんと届かなくなってしまいます。すると細胞分裂がスムーズにできなくなり、髪の毛は元気に成長できなくなります。髪はどんどん細くなり衰え、抜けやすくなってしまいます。 血流が悪くなる原因 女性の場合、女性ホルモンの分泌の減少です。女性ホルモンのエストロゲンに […]

髪の毛とダイエット

こんにちは。 Dr.AGAクリニック 新橋院です。 本日は、「髪の毛とダイエット」についてお話をしていきたいと思います。 AGAやFAGAの原因にダイエットは関係のない気が致しますが、薄毛を進行させてしまう大きな要因にはなります。 身体の健康あってこそ、頭皮の健康です。 そもそも髪の毛は食事によって摂取された栄養素を体内で合成する事によって作り出される細胞の一種です。 食事で取り入れた栄養素を血液 […]

毛母細胞を弱める原因

毛母細胞の働きを弱める主な原因は、男性ホルモンの影響や血行不良、栄養不足などが原因になります。 男性ホルモンのテストステロンが還元酵素5αリダクターゼと結びつくことで生成されるジヒドロテストステロン(DHT)の影響によって、発毛サイクルに悪影響を及ぼしているのです。 DHTが増えると、毛母細胞の分裂を抑制し、ヘアサイクルが退行期、休止期へ誘導されるようになります。その結果、髪の毛が十分に育つ前に抜 […]

毛母細胞とは?

毛球の中心部には「毛乳頭」という組織があり、この「毛乳頭」の周囲を取り囲むように位置しているのが「毛母細胞」という細胞です。 毛細血管を通して毛母細胞に栄養を運び、毛髪の成長を助ける働きをしています。毛乳頭が十分な栄養分や酸素を受け取ると、毛乳頭の中にある「毛乳頭細胞」が毛母細胞に発毛シグナルを出します。 毛母細胞は毛乳頭から栄養分を受け取り、細胞分裂を繰り返します。 十分に細胞の数が増えると毛穴 […]

毛母細胞が減少?①

栄養不足 血行不良や食生活の乱れによる頭皮の栄養不足も、毛母細胞の働きを弱める原因の一つです。血行が悪くなると、髪の毛の成長に必要な栄養が頭皮や毛乳頭に行き届きにくくなります。 毛乳頭に栄養が行き届かなくなると、毛母細胞へ細胞分裂の指示を出す働きが悪くなり、新しい髪が生えてこなくなります。頭皮の栄養不足は、髪の毛の成長にとっては大きなマイナス要素となります。 意識して食生活を変えてみましょう。 D […]

初期脱毛について

こんにちは。 Dr.AGAクリニック 新橋院です。 本日は“初期脱毛”についておさらいをして行きたいと思います。 現在既に治療を開始されている方はご存知の方も多いかと思いますが、AGA・FAGA治療には、“初期脱毛”という症状がございます。 AGA・FAGA治療には内服薬・外用薬・メソセラピーなどの治療が一般的であり、当院でも全ての治療をお受け頂けますが、治療を開始されて1カ月程経過すると、治療を […]

効果のないサプリ??

特定の栄養素を濃縮して錠剤やカプセルにした市販のサプリメント100製品を国民生活センターが商品テストしたところ、4割以上が医薬品で定められた規定時間内に水に溶けなかった。飲んでも体内で吸収されていない恐れがあり、同センターは「必ずしも医薬品と同様の品質が保たれているとは限らない」と注意喚起している。と毎日新聞が発表しました。 サプリは食品に位置付けられる。成分表示の規格基準がある栄養機能食品や、届 […]

冷え症からくる薄毛

女性ホルモンの不調や血行不良まねく冷え性。 女性にとって深刻な悩みですが、じつは抜け毛や薄毛をまねく要因になります。 髪は毛根にある「毛母細胞」が、血液とともに運ばれた酸素・栄養をもとに分裂・角化することでつくられます。 毛母細胞の活性化には酸素と栄養が不可欠です。 しかし冷え性が原因で血液循環が悪くなると、毛根へ十分に酸素と栄養が運ばれず髪が育ちにくい状態に。血行不良で頭皮の筋肉もこわばり、さら […]

注意が必要なフィナステリド?

妊娠中の女性に投与した場合、男児胎児の生殖器官などの正常発育に影響をおよぼす可能性があるとして、妊婦や妊娠している可能性のある女性、授乳中の女性の服用は「禁忌」となっています。そもそも、フィナステリドは男性ホルモンに強く作用するため、女性への投与は適応外となっています。 さらに、女性自身が服用しなくても、割れた錠剤を女性が手で触ることにも注意する必要があります。 したがって、子作り(妊活)中の夫婦 […]

1 2 88