足がつらないための予防策

生活習慣

足がつる症状が慢性化しないための予防策をご紹介します。

【適度な運動】

適度な運動はさまざまな疾患の予防にもなります。運動をすることで足の筋肉を維持するだけでなく、血流が良くなり疲労回復にも役立ちます。ウォーキングやスクワットなどで適度に身体を動かし血液の循環を良くし、運動の前後にはしっかりとストレッチを忘れずに行うのが大切です。

【食事の改善】

ミネラルが不足しないようバランスの良い食事が大事です。運動をすることでカルシウムやマグネシウムなどのミネラルが急速に消費されます。偏った食事にならないように心がける事、又はサプリメントや漢方などで不足しがちな栄養分を摂取することも予防策の一つです。

【水分・ミネラルを補給】

スポーツドリンクやココナッツウォーターなどで運動前後や途中の水分/ミネラルを補給することが大切です。睡眠時はコップ一杯の汗をかくと言われており、就寝前に水分をとることで睡眠中の脱水を予防し、足がつらないための予防にも繋がります。

【フットケア】

日常活動による筋肉疲労の蓄積を解消するために就寝前などふくらはぎのマッサージを行う事が大切です。強くもみすぎてしまうと筋繊維を痛めてしまうので、手を滑らすように優しくマッサージすることがポイントです。また、体を冷やさないよう入浴をして血行を良くすることも対策として有効です。

糖尿病や脊柱管狭窄症、ヘルニア、腎疾患、脳梗塞などこれらの病気が原因で足がつる症状がみられることがあります。特に糖尿病の場合は血糖値が高い状態が続いた結果、電解質バランスが乱れることが原因と考えられていますが、未だ因果関係は、はっきりとわかっていません。これらの病気は足がつるだけではなく、それぞれ特徴的な症状が重なって見られます。検査でも発見が可能なので、気になる症状が見られたら医療機関を受診しましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました