健康情報

お酢の効果

健康情報

黒酢に含まれる栄養

黒酢には強い抗酸化作用があり、血流改善や細胞の酸化を防止することで肌や髪の毛を健やかに保ちます。

黒酢には様々な種類のアミノ酸が豊富に含まれ、一般的な酢の約10倍とされています。

髪の毛の元となるタンパク質もアミノ酸からできているため、黒酢に含まれるアミノ酸によって正常な育毛が促されることが期待できます。

お酢の主な効果

血圧をさげる:酢に含まれる酢酸が代謝される際、血管を拡張させるアデノシンに働きかけ、血圧の上昇を抑える効果があります。

血糖値の上昇をおさえる:酢酸が糖を胃の中に留まらせ、糖の消化吸収を穏やかにします。

内臓脂肪をへらす:脂肪の合成を抑え、脂肪の分解を促す働きがあります。

血流改善:お酢に含まれるクエン酸やアミノ酸が血管を拡張し、血小板が必要以上に集まるのを防いで血液をサラサラにします。

疲労回復:疲労を感じるもとである乳酸が、酢酸やクエン酸によりスムーズに代謝されます。

便秘の解消:消化液の分泌が活発化し、腸の蠕動運動を促します。また腸内の善玉菌を増やす効果もあります。

食欲増進:唾液の分泌を増やして食欲を促進します。

抗菌作用:酢を含ませたキッチンペーパーでお弁当箱をサッと拭くのも除菌効果が期待できます。

摂取量の目安は1日に大さじ1杯から2杯程度なので手軽に取り入れられそうですね。

過剰な摂取は胃に負担がかかりますので注意が必要です。

お酢の酸が歯のエナメル質を溶かしてしまう恐れがある為、少量ずつ飲む、ストローを活用するなどして工夫しましょう。

また空腹時や就寝前ではなく「食事中」と「食後」の摂取がおすすめです。

(ドリンクとして飲む場合には5~10倍に薄めて飲んでください。)

この記事の監修医師
総院長

Dr.AGAクリニック総院長 坂口海雲

H21 大阪市立大学医学部 卒業
H23 大阪市立大学循環器内科 入局
H23 ベルランド総合病院
H24 川崎病院 臨床助教
H25 大阪市立大学病院
H28 福島吉野スマイル内科・循環器内科 開院
R2  Dr.AGAクリニック 総院長就任

error_outline 当サイトのコンテンツはDr.AGAクリニック総院長 坂口海雲の監修により運営されております。