Dr.AGAクリニックにおける新型コロナウィルス対策

毛母細胞

1/2ページ

毛母細胞を弱める原因

毛母細胞の働きを弱める主な原因は、男性ホルモンの影響や血行不良、栄養不足などが原因になります。 男性ホルモンのテストステロンが還元酵素5αリダクターゼと結びつくことで生成されるジヒドロテストステロン(DHT)の影響によって、発毛サイクルに悪影響を及ぼしているのです。 DHTが増えると、毛母細胞の分裂を抑制し、ヘアサイクルが退行期、休止期へ誘導されるようになります。その結果、髪の毛が十分に育つ前に抜 […]

毛母細胞とは?

毛球の中心部には「毛乳頭」という組織があり、この「毛乳頭」の周囲を取り囲むように位置しているのが「毛母細胞」という細胞です。 毛細血管を通して毛母細胞に栄養を運び、毛髪の成長を助ける働きをしています。毛乳頭が十分な栄養分や酸素を受け取ると、毛乳頭の中にある「毛乳頭細胞」が毛母細胞に発毛シグナルを出します。 毛母細胞は毛乳頭から栄養分を受け取り、細胞分裂を繰り返します。 十分に細胞の数が増えると毛穴 […]

毛母細胞が減少?①

栄養不足 血行不良や食生活の乱れによる頭皮の栄養不足も、毛母細胞の働きを弱める原因の一つです。血行が悪くなると、髪の毛の成長に必要な栄養が頭皮や毛乳頭に行き届きにくくなります。 毛乳頭に栄養が行き届かなくなると、毛母細胞へ細胞分裂の指示を出す働きが悪くなり、新しい髪が生えてこなくなります。頭皮の栄養不足は、髪の毛の成長にとっては大きなマイナス要素となります。 意識して食生活を変えてみましょう。 D […]

毛母細胞とは

毛母細胞は体内の中にある細胞の中で1番分裂をする細胞です。 毛髪の根幹である毛乳頭周辺に存在する細胞で、毛乳頭から、発毛シグナルと栄養素を受けとり、細胞分裂を繰り返すことで髪の毛をつくりだします。 毛母細胞の細胞分裂には周期性があり、成長期・退行期・休止期の3サイクルに分けられます。成長期には活発に細胞分裂が繰り返され、髪の成長を強く促します。退行期には毛母細胞の働きが弱まり、細胞分裂の回数も著し […]

Dr.AGAクリニック解説「睡眠と抜け毛の関係③」

Dr.スキンクリニック大阪難波院が解説!抜け毛を減らす睡眠対策。 睡眠前に注意すること スムーズに睡眠に入るために食事は寝る直前にしない。 パソコンやスマホを寝る前に極力見ない。 脳や胃が働いてしまい寝つきが悪くなります。 睡眠のタイミング 髪を生えさせる毛母細胞は夜10時から深夜2時頃に活動するため、夜10時には寝始めたほうが良いでしょう。 寝具 人間は寝ている間に汗をかくので寝具は定期的に干し […]

AGA/FAGA発症しても希望アリ!

●毛根へ栄養が行き届いていれば希望はある 毛根の毛母細胞が機能を回復すれば、髪の毛は生えてきます。 抜け毛や薄毛の予防は早いということはありませんが、薄毛になってしまうのではないか不安な場合は、今のうちからしっかりと対策をしておきましょう。 適切な治療とケアによって毛根に栄養が供給され、毛根の機能が回復すれば再び髪の毛は生えてくるのです。 抜け毛を予防する事は今からでも遅くなく、定期的に頭皮検査や […]

睡眠と抜け毛の関係①

睡眠不足になると抜け毛の原因となる可能性があります。 朝起きると枕に抜け毛がついていたり、髪をとくとくしに抜け毛がついていたりと気になりますよね。 睡眠との関係性をこれから解説していきたいと思います。 睡眠の種類 睡眠にはレム睡眠とノンレム睡眠の2つのタイプがあり約90分周期で繰り返されます。 レム睡眠は夢を見る浅い睡眠で成長ホルモンを分泌されると考えられています。 ノンレム睡眠は、脳を休める深い […]

M字ハゲの原因③

血行不良で頭皮が栄養不足 以前ブログにて「血行不良」がAGAを引き起こす記事をあげましたが、もちろんM字ハゲにも共通する原因です。 仕事や人間関係のストレス、眼精疲労からの血行不良も原因のひとつです。 日頃パソコン仕事をしているかたや、肩こりがひどいかたは要注意!! ストレスや眼精疲労によって血管が収縮し、頭皮へと血液が運ばれにくくなりそれが原因でM字ハゲがジワジワ進行していくのです。 現代社会で […]

M字ハゲの原因②

典型的な症状 M字ハゲはAGAの典型的な症状といわれております。 以下はヘアサイクルのおおよその期間から逆算した結果を例にあげてますので、まずはヘアサイクルについて確認し次の文へ移ってみてください。 M字ハゲの多くの原因がAGA。2年のサイクルの人が20歳からAGAを発症しその部分のヘアサイクルが半年になったとします。 すると、20歳までにすでに10回分裂をしている毛母細胞が可能な分裂回数は残り4 […]

前頭部(M字)の薄毛の原因③

原因(3):紫外線 紫外線は、頭皮と髪の両方に悪影響を及ぼします。紫外線を浴びると、髪のタンパク質が変性して髪がダメージを受けてしまいます。 また、頭皮に紫外線が当たると活性酸素が大量に発生しますが、活性酸素は非常に強い酸化力をもつ物質のため毛根や血管に酸化ストレスを与えて、髪に悪影響を及ぼすのです。 紫外線を浴びる機会が多い人は帽子をかぶるなどの工夫をして、紫外線から頭皮や髪を守ることが大切。 […]